体調が悪いとムダ毛の処理もできません

体調がすぐれない時に、お手入れすると肌が荒れてカサカサになってしまうのが悩みの種です。
具合が良くないというタイミングでムダ毛の処理をすると、普段よりもお肌を傷めてしまいます。

脱毛器を使って抜いても、剃刀を使って剃ったとしても、処理した箇所が乾燥して細かいシワが出てきたり、赤いプツプツができたり、手間と時間をかけてムダ毛を処理しても汚く見えるようになってしまって、無駄な事をしたような感じです。

大事をとって、脱毛の後にお水などで冷却して、化粧水で保湿しています。
また、激しく乾燥している時はベビーローションも塗っています。
だけど肌荒れが防げません。

何度もお肌が荒れてしまって、その度に治る事ができないままなので、色素沈着を起こしはじめています。
毛穴がポツポツとなってしまうという事が何度もあり、それも色素沈着になる原因です。

毛穴が薄茶色になってしまって、とても恥ずかしいです。
脱毛しても、この肌がとても嫌で、足首まで隠れるパンツを履く事はいつもの事です。