引っこ抜くのはやめました

自分はアラサーのパート主婦です。
一人の女としてまだこの先もキレイであり続けたい自分にとっては、無駄毛の処理は無くすことの出来ないお手入れのひとつです。

金銭的に余裕があれば、脱毛サロンに通いたいのですが、なかなかできないため近頃は自分のやり方でムダ毛のお手入れをしています。
私はそれ程剛毛な方ではないので、現在は剃刀を使って処理するようにしています。

しかしカミソリで剃ると、肌が炎症を起こして痛くなるし前と違って濃いむだ毛が生えてきやすくなってしまいます。
ですので私は一時トゲ抜きで直接毛を引っこ抜いていた時がありました。

毛根ごとすっかり抜き取ってしまうので、凄く爽快感があって、ムダ毛がしっかり抜けて肌もスベスベになったようなかんじで、たびたび抜くようになってしまいました。
けれども、この方法には落とし穴があったのです。

それは埋没毛という存在です。
ツィザーで無理矢理毛を抜き取ってしまうと、お肌に物理的損傷が与えられてしまいます。

傷ついた皮膚上面を元通りにしていくとき、毛穴が塞がれてしまうことがよく起こります。
毛穴を閉ざされてしまうと、皮膚上面に向かって進む無駄毛が成長するのを止めてしまうので、皮膚の下に留まることになってしまいます。

普通は毛が皮膚中に残ったまま成長を続けるということはあり得ませんので、皮膚が赤く腫れて、お肌の色が黒ずんでしまうのです。
こんなことがあり、わたしは埋もれ毛と言うかなり嫌な思いを経験したので、これから絶対にとげ抜きによる脱毛はすべきでないと心に留めています。